iStudy

データベース物理設計コース

データベース物理設計

RDBMSの基本アーキテクチャの知識をベースとして、データベースの運用管理と物理設計面で何を行うべきかを学びます。

Notice: Undefined index: HTTP_REFERER in /home/i-study/www/wp-content/themes/istudy_corp/single-group_training.php on line 50
パフォーマンス劣化防止のため、データベースの調整において可能な事は何か。バックアップ、日次、月次処理、メンテナンスのための計画停止などの運用事項を考慮した物理設計と運用計画の立案方法を学びます。

コース基本情報

コースID
S60164
コース名
データベース物理設計
受講日数
2日間
価格
100,000 円
学習タイプ
講義+実習
お申し込みはこちらから
データベース
法人の方はこちら

学習内容の詳細

コース概要
RDBMSの基本アーキテクチャの知識をベースとして、データベースの運用管理と物理設計面で何を行うべきかを学びます。
パフォーマンス劣化防止のため、データベースの調整において可能な事は何か。バックアップ、日次、月次処理、メンテナンスのための計画停止などの運用事項を考慮した物理設計と運用計画の立案方法を学びます。
・ 物理設計の位置づけ
・ データベースアーキテクチャの理解
・ 領域設定
・ セキュリティ設計
・ データベース運用を想定した物理設計・運用管理のワークショップ

対象となる方

前提知識
データベースに関する基本知識
受講対象者
・ データベースアーキテクチャについて学習したい方
・ データベース構築、管理を行う方、物理設計を担当する方
最新の株価
お探しの情報は見つかりましたか?
ご質問、ご要望は、iStudyまでお気軽にお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ
受付時間
資料請求
お探しの情報は見つかりましたか?
ご質問、ご要望は、iStudyまでお気軽にお問い合わせください。
タップするとお電話がかかります。
お電話でのお問合せ