iStudy
導入企業様インタビュー

ウエルシア薬局株式会社 様

誰がどの研修コンテンツを、どこまで理解しているかを
動画配信のeラーニングシステムで見える化

学習・研修管理
コンテンツ作成
地域住民が、より便利で、安心して生活できる「超高齢社会のインフラ」としての調剤併設型ドラッグス
トアを運営し、全国に1500以上の店舗を展開するウエルシア薬局株式会社。店舗スタッフも毎月700~1000名増えていることから、社員/スタッフ教育のより確実かつ効率的な研修実施体制の確立に際しiStudy LMSを導入いただきました。動画を活用したeラーニングコンテンツを制作し、多数の店舗・スタッフへの浸透度の向上を実現されています。

導入背景

welcia01

毎月増加する社員に対する研修制度の整備が急務

「現在、新規出店や合併により、年間100~120店のペースで店舗が増えています。当初は店長に対する3日の研修を、地域ごとに集めて実施していました。研修自体の効果は高く、次期店長候補となる次長にも対象を拡大しましたが、実際に集めての研修の開催には、コストもかかりますし、時間的な制約も大きいものでした。

 そこで研修をすべて動画で撮影して『この内容ならば動画での配信にあっている』と思われるものは、既に全店舗に導入済みだったテレビ会議で配信を行いました。メールで各店舗に告知して、閲覧後に報告を受ける運用を行っていましたが『見た』という返事はあっても、実際に営業担当が店舗を訪れて確認すると、浸透度合いはまちまちというのが実状でした。

 『eラーニングシステムであれば、誰がどのコンテンツを閲覧し、どこまで理解できているか』を把握できると思い、セミナーなどにも参加し、いろいろな製品、サービスを比較してみました。」
(ウエルシア薬局株式会社 人事本部教育企画部 猿田真悦氏)

 

選定ポイント

welcia02

動画閲覧者や各自の理解度が把握できるeラーニングシステムであること

コンテンツの一元管理により、誰がどの研修を閲覧済みかを把握でき、動画コンテンツごとにiPad上でテストを実施して、理解度を見える化することが可能です。共有事項の浸透度合いを把握し、将来的には受講履歴管理、スキル管理への活用も期待できます。

研修用動画コンテンツの制作支援体制

研修用動画コンテンツ制作は、社内リソースだけでは負荷が大きいため、素材となる教材やマニュアルを共有して、コンテンツ制作をアイスタディにアウトソーシングすることが可能です。

毎月増加する数万人規模の利用者に対応できる現実的な価格帯

既に4万人弱のスタッフがおり、毎月数百名単位でのスタッフ増加が見込まれています。iStudy LMSはID単位の課金ではなく、ユーザー数を気にせずに、無制限ライセンスにより定額かつ低コストで多くのスタッフでの利用が可能です。

 

導入効果

紙ベースのテキストや一方的な動画配信では難しかった「研修内容の共有」をeラーニングシステムが促進

welcia03

全店舗に配付したiPadの活用で店舗にいながら研修動画が閲覧可能に

4G回線を利用したiPadで接続することにより、基幹業務を支える社内ネットワークに負担をかけずに、動画を含む大容量のコンテンツもスムーズに受講できます。店長および次期店長候補の次長を実際に集めての研修は、動画コンテンツに置き換え、直に顔を合わせなければできないものに集約し、最低限の回数に抑えることが可能となりました。

welcia04

動画コンテンツに付随したテストでスタッフごとの理解度を見える化

週1回、テレビ会議システムで動画配信を行っていたものの、営業担当が店舗で確認すると必ずしも内容が浸透していませんでしたが、iStudy LMS導入後は、動画を閲覧した後に画面上でテストを実施して、研修内容の理解度をスタッフごとに把握できるようになりました。

welcia05

店長、一般スタッフ、新加入スタッフなど立場に応じたコンテンツが明確化

テレビ会議システムによる動画配信では、埋もれてしまって再利用するのが大変だったコンテン ツも、すぐに閲覧できるようになりました。「新加入スタッフがまず見るべき動画」など、立場に応じたコンテンツをiPadの画面上に整理して表示できるので、見るべき順番で動画をすぐに閲覧でき、現場での研修効率が向上しました。

今後の展望

猿田真悦

ウエルシア薬局株式会社
人事本部教育企画部
部長 猿田真悦氏

「履歴をしっかりと確認することができ、操作性にも優れていることからiStudyを選定しました。当初は、各店舗に設置済みのパソコン活用を念頭に置いておりましたが、動画コンテンツなので回線への帯域負荷がかかる懸念もあり、セルラータイプのiPadを全店に配付することにしました。

iPadであれば今後「商品ディスプレイのノウハウ」といった内容を、店舗に移動して実際の状況を見ながら閲覧することも可能になるなど、使い方の幅も広がるかと思っています。

2017年3月に運用を開始したばかりですので、具体的な効果の検証はこれからですが、既に現場の店長からは『新加入スタッフの研修に、ベテランスタッフが張り付く時間が短くなる』など期待を寄せる声も聞こえてきています。また、様々な部署から『こんなコンテンツがほしい』といった要望も集まってきていますので、今後も幅広い展開ができるのではないかと期待しています。」(猿田氏)

導入製品

学習・研修管理
コンテンツ作成

企業プロフィール

学校名
設立
URL
ウエルシア薬局株式会社
1974年4月19日
http://www.welcia-yakkyoku.co.jp/
最新の株価
お探しの情報は見つかりましたか?
ご質問、ご要望は、iStudyまでお気軽にお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ
受付時間
資料請求
お探しの情報は見つかりましたか?
ご質問、ご要望は、iStudyまでお気軽にお問い合わせください。
タップするとお電話がかかります。
お電話でのお問合せ