iStudy
ORACLE MASTER【資格情報】
Oracle Master【資格情報】

『ORACLE MASTER』とは?

『ORACLE MASTER』とは?
オラクル製品に関する技術者を認定する制度です。
ORACLE MASTERには4つのレベルが設けられており、認定難易度(スキルレベル)が直感的に分かるようになっています。
ステップアップ型の資格体系になっており、資格認定のためには前提資格(PlatinumはGold、GoldはSilver、SilverはBronze)を取得している必要があります。
ORACLE MASTERは世界共通の技術資格であるOracle Certification Program(OCP)の各資格にも同時認定されます(一部対象外)。

コース一覧

Oracle Database 12c

ORACLE MASTER Bronze 12c
ORACLE MASTER Bronzeは、管理者として必要となる基礎知識を習得していることを証明する資格です。
ORACLE MASTER Silver 12c
ORACLE MASTER Silver(Oracle Certified Associate)は、専門技術者としての第一歩であり、各トラックの基礎技術を習得していることを証明します。
ORACLE MASTER Gold 12c
ORACLE MASTER Platinum 12c
準備中

Oracle Database 11g

ORACLE MASTER Bronze 11g
ORACLE MASTER Silver 11g
ORACLE MASTER Gold 11g
ORACLE MASTER Platinum 11g
準備中

『ORACLE MASTER Expert』とは?

ORACLE MASTER Expertは特定専門領域のスキルを認定します。
対象領域はチューニングエキスパートなどのデータベース関連スキルのみならず、Application Server(Oracle WebLogic Server)やBusiness Intelligenceなど多岐にわたります。
難易度レベルは各資格ごとに異なり、ITSSレベル2 ~ 3に対応します。
資格認定のためにはコース受講もしくは別の資格取得など事前要件が必要な場合があります。

要履修コースとは?

ORACLE MASTER Gold または Platinum 資格認定のためには、試験科目合格とは別にコース履修が必要となります。Gold は1コース 、Platinum は2コースの履修が必要です。ただし、Gold認定に使用したものと同一のものをPlatinum認定に使用することはできません。

資格認定のための申請

●試験合格申請
 -2010年12月19日以降の合格の場合、新システムで自動処理されるため申請は不要です。
 -2010年12月18日以前の合格の場合、メールでの申請となります。
●要履修コース修了申請
 申請ページ(ピアソンVUE社サイト)から行います。
オラクル認定資格制度、最新情報につきましては、オラクル社のHP をご確認ください。
最新の株価
お探しの情報は見つかりましたか?
ご質問、ご要望は、iStudyまでお気軽にお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ
受付時間
資料請求
お探しの情報は見つかりましたか?
ご質問、ご要望は、iStudyまでお気軽にお問い合わせください。
タップするとお電話がかかります。
お電話でのお問合せ